学費・奨学金

奨学金

奨学金 <取扱窓口:学生課>

本学における前年度の活動実績が特に優秀な学生や経済的な理由により修学が困難な学生は、資格審査を経て奨学金を受けることができます。

 

本学独自奨学金

学部の学生 【PDF】

短期大学部の学生 【PDF】

大学院の学生

※現在、大学院の学生を対象とした本学独自の奨学金はありません。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金は、経済的理由により修学に困難があり優れた学生に対して貸与される奨学金です。

種別 対象 貸与月額 貸与形態 貸与期間
自宅通学 自宅外通学
第一種奨学金 学部 30,000円・54,000円から選択 30,000円・64,000円から選択 無利子貸与 貸与開始年月から卒業又は修了までの標準修業年限の終期まで
短期大学部 30,000円・53,000円から選択 30,000円・60,000円から選択
大学院 修士 50,000円・88,000円から選択
博士 80,000円・122,000円から選択
第二種奨学金 学部・短期大学部 3・5・8・10・12万円から選択 有利子貸与
①利率固定型
②利率見直し型
より選択
大学院 修士 5・8・10・13・15万円から選択
博士

 

入学時特別増額貸与 学部・短期大学部・大学院の第1学年
(編入学生の入学年次を含む)
10・20・30・40・50万円から選択 有利子貸与

 

(1)申込手続き

毎年4月に募集を行います。基本的に2次募集はありませんので、奨学金受給希望者は必ずこの時期に実施する募集説明会に参加してください。
募集説明会実施日時等は、本サイトトップの学生へのお知らせおよびG棟1階の奨学金関係掲示板で確認してください。
ただし、災害や家計急変等が生じた場合は、そのつど申し込みすることもできますので、学生課に相談してください。

(2)奨学生採用

奨学生の採用は、学業・人物・健康・経済状態について選考のうえ、大学の推薦に基づき日本学生支援機構で決定されます。
採用決定者は、日本学生支援機構から通知があり次第、G棟1階の奨学金関係掲示板により連絡します。

(3)異動の届出

奨学生で学籍異動(退学、休学、復学等)および奨学金辞退、貸与月額・氏名等の変更が生じた場合は、速やかに日本学生支援機構に届け出なければならないので、学生課に相談してください。

(4)奨学金継続願

奨学生に採用された学生は、毎年「奨学金継続願」の提出が必要です。提出された「奨学金継続願」をもとに適格認定を行います。「奨学金継続願」の提出は、日本学生支援機構奨学金のサイト内にある「スカラネット・パーソナル」を通して行いますので、奨学生に採用された学生は必ず「スカラネット・パーソナル」に登録してください。
また、提出方法に関する説明会を毎年1月に行いますので、本サイトトップの学生へのお知らせおよびG棟1階の奨学金関係掲示板で確認してください。
理由なく手続きをしない場合には、奨学金を必要としなくなったと見なされ、廃止となりますので、十分注意してください。
なお、成績不振の奨学生は、奨学金が廃止・停止となりますので成績不振とならないよう十分注意してください。

(5)返還の手続き

貸与された奨学金は、卒業後、所定の期間内に返還しなければなりません。
貸与期間満了(満期)奨学生を対象に返還説明会を実施します。
返還説明会実施日時等は、本サイトトップの学生へのお知らせおよびG棟1階の奨学金関係掲示板で確認してください。

(6)返還免除制度(大学院第一種奨学生のみ)

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生が在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構に認定された場合、貸与期間終了時に奨学金の全額又は一部の返還が免除されます。
返還免除対象者に返還免除説明会を実施します。
返還免除説明会実施日時等は、本サイトトップの学生へのお知らせおよびG棟1階の奨学金関係掲示板で確認してください。

<進学届>

高等学校在学中に、第一種奨学生または第二種奨学生の採用候補者として決定している学生は、日本学生支援機構から交付されている『大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)』を、4月の説明会で提出してください。

<在学猶予願>

進学前に高等学校等で、日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた学生は、スカラネット・パーソナルより在学猶予願を早急に提出してください。提出することにより、在学中の返還は猶予されます。また、在学中に貸与終了となった学生も在学猶予願の提出が必要です。なお、在学猶予願の提出方法は、G棟1階奨学金関係掲示板で確認してください。

 

日本学生支援機構のサイトへ

 

地方自治体・民間育英団体奨学金制度

地方自治体(都道府県・市区町村)、その他の民間育英団体の奨学金は各種あり、それぞれ多数の学生が利用しています。募集方法は大学が依頼されて学内募集するものと、関係団体が直接募集するものとがあります。
学内で募集するものについては、そのつど、本サイトトップの学生へのお知らせまたはG棟1階の奨学金関係掲示板で案内しますので希望者は機会を逃がさないよう注意してください。
直接募集するものについては、本人が直接問い合わせることが必要です。
なお、わからない点等は気軽に学生課へ相談してください。