学生へのお知らせ

学生へのお知らせ

北海道への「緊急事態宣言」適用期間における本学の留意事項について(5月17日更新)

2021.05.11|学生課

学生各位

 

5月16日から5月31日まで、北海道に対し「緊急事態宣言」が発出され、札幌市からは市内の大学生を対象に、各種要請が発表されました。

札幌市からの要請を受け、本学での対応を下記にまとめましたので、「緊急事態宣言」適用期間中は記載内容を確認し、感染拡大防止に最大限努めてください。

 

日常の生活における留意事項

1.外出時の留意事項

・不要不急の外出や市外への移動を控える。特に20時以降の外出を控えること。加えて、特に日中、週末の外出を控えること。         

(具体的には、対面授業等を受けるための登校や、医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など生活や健康維持のために必要なものを除き、外出を控えてください。なお、必要な外出や移動であっても、混雑している場所や時間を避けて行動してください)

・不要不急の都道府県間の移動、特に緊急事態措置区域との往来は厳に控える

 

2.飲食時の留意事項

・感染防止対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用を厳に控える

・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控える

・できる限り同居していない方との飲食を控える

 

課外活動の休止について

「緊急事態宣言」期間中における課外活動は、原則、休止とします。

ただし、十分な感染防止対策が講じられている大会については、大会主催団体へ確認のうえ、参加を許可する場合があります。

参加を許可された場合は、感染防止対策を徹底し、顧問の先生に活動計画を報告するとともに、所定の手続きを行ってください。

 

学生支援センターから

感染拡大に伴い、本学においても4月下旬から発熱等によりPCR検査を受ける学生が多く見られます。

新型コロナウイルスに感染しないためにも、これまでお伝えしている「感染拡大予防のためのガイドライン」等を再度確認し、感染防止対策を徹底してください。

変異型ウイルスは感染力が強いため、友人との交流もオンラインを活用するとともに、特に多人数による会食・飲酒などは行わないよう徹底すること。

さらに、食事は黙食に努め、学生食堂を利用する場合は食事終了後、速やかに退室してください。

また、キャンパス内への入構は、平日における学内の滞在(学習スペース含む)は19時までとし、土曜・日曜(授業がない日)については、原則、入構禁止とします。

 

感染を予防するためには、今まで以上に自覚と責任を持った行動が必要となります。

万一、発熱等により体調不良になった場合は、「登校判断のフローチャート」で手続き方法について確認し、欠席する場合は、「発熱等の欠席報告フォーム」で手続きしてください。

 

つらい時期ではありますが、学生の皆さんと教職員が一丸となって、この苦境を乗り越えましょう。

 

お問い合わせ先

・授業に関すること                      教務課 kyomu@hus.ac.jp

・学生生活に関すること                    学生課 gakusei@hus.ac.jp

・学生生活における心配なことについて 学生相談室 soudan@hus.ac.jp

・健康管理に関すること                      医務室 imushitsu@hus.ac.jp

                                                                        2021年5月17日

                                                                学生支援センター長 見山 克己

一覧へ