学生へのお知らせ

学生へのお知らせ

冬季及び春季休業期間中における事故防止等について

2021.12.10|学生課

学生各位

 

現在、北海道及び札幌市における新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いていますが、

新たな変異株のまん延が懸念されていることから、感染症予防を徹底し、

感染のリスクを下げるための行動をするとともに、下記事項を参考に事故等の防止に努めてください。

 

1.新型コロナウイルス感染防止行動について

 新型コロナウイルスに感染しないためにも、これまでお伝えしている「感染拡大予防のためのガイドライン」等を再度確認し、

感染防止対策を徹底してください。また、外出時や飲食店等を利用する際においても、

基本的な感染防止行動(「三つの密の回避」「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」)を徹底し、

発熱や咳など体調が悪い場合は外出を控えてください。

   感染を予防するためには、これまでと同様に、節度と責任を持った行動が必要となります。友人や家族、自身の感染リスクを

  回避するようにしてください。

 

2.各種事故防止

 自動車を運転する際は、常に安全運転を心がけてください。飲酒運転及び飲酒運転ほう助は厳禁です。

万一、事故が発生した場合は、負傷者の救助を最優先に行うとともに、軽微な物損事故であっても、

後のトラブルを防止するために自分勝手な判断をせず、所轄の警察署に届け出て適切に処理してください。

  また、スキーやスノーボード等のレジャーを計画している学生は、父母等に計画を知らせ、

 決して無理な行動をとらないよう楽しんでください。

 

3.火災・盗難事故防止

  休業中は、アパート・下宿等を留守にする機会が多くなることから、外出の際は、

 施錠および火気・水道等の始末は確実に行ってください。また、冬季間は空気が乾燥し火災が起きやすい環境になるため、

 火気を使用した後の暖房器具等(ストーブ・コンロ等)の取り扱いについて十分に気をつけてください。

 

4.違法薬物(大麻・覚せい剤等)の防止

  大麻や覚せい剤等の違法薬物や危険ドラッグの乱用は、本人の精神と身体に悪影響を及ぼし、

 さらには友人や家族関係の崩壊にもつながるなど、本人だけでなく、社会全体に計り知れない害悪をもたらします。

  そのため、違法薬物の所持や使用は法律で固く禁止されており、違反者には厳罰が処せられます。違法薬物に対して

 安易な気持ちや一時の興味で接することのないよう厳重に注意して、絶対に手を出さないでください。

 

5.SNS・インターネット掲示板等への書込み、画像投稿に関する注意

 SNSやインターネット上の情報は、不特定多数の人が閲覧可能であるため、書込みや投稿画像の内容によっては

誤解を与えることもあり、人権侵害等の違法行為と判断されることがあります。そのため、軽率な書込みや画像投稿をしないとともに、

法を遵守するよう十分に注意して、節度ある行動をとってください。

 

6.課外活動などにおける事故防止

 課外活動は、「課外活動を安全に行うためのガイドライン」を確認し、感染防止対策を講じたうえで

活動するようにしてください。今後、新型コロナウイルス感染症の状況によっては活動の制限や自粛を

要請することがあるため、大学からの情報をHUSナビや大学ホームページより確認してください。

 なお、活動する場合は、顧問の先生に活動計画を報告するとともに、所定の手続きを行い活動してください。

     

7.その他

   事故等に遭遇したときは、直ちに所轄の警察署と大学へ連絡してください。

    

                                            2021年12月10日

                                             学生支援センター長 見山 克己

一覧へ