健康管理相談

感染症の予防

日常の感染症予防

1.日常からうがい・手洗いを励行し、栄養と睡眠を十分にとり、健康管理に留意しましょう。
2.咳が出る時はマスクを着用しましょう。
3.発熱、咳、下痢や嘔吐などの症状が続く時は、速やかに医療機関を受診しましょう。

海外渡航時の感染症予防

海外渡航を予定している場合は、渡航前に目的地で流行している感染症などを確認し、予防に努めましょう。

 

厚生労働省検疫所FORTH

海外留学 健康の手引き

 

 

また、海外渡航中や帰国後に、発熱、発疹、下痢や嘔吐などの症状が出たら、事前連絡の上、必ず医療機関を受診しましょう。

ワクチン(予防接種)について

1. ワクチンが推奨されている疾患(麻しん、風しん、水痘、流行性耳下腺炎、百日咳など)に罹患したことがなく、ワクチンも受けたことがない学生は、保護者や主治医と相談の上、予防措置をとりましょう。

 

2. インフルエンザのワクチンは、学内で接種する日程を設けています。接種の費用は自己負担です。予約や実施の詳細は、適宜HUSナビでお知らせします。
わからないことがあれば、A棟1階医務室にご相談ください。

 

3. 薬学部および保健医療学部の学生は、医療機関などで実習を行います。安全に実習を行えるよう「医療関係者のためのワクチンガイドライン第2版」に準拠した感染予防対策を行っています。
薬学部および保健医療学部の学生は、入学後に行う感染症に対する抗体検査の結果や過去のワクチン接種歴などにより、ワクチンが必要な場合があります。各学科の指導の下、適切な感染予防対策を行いましょう。
ワクチン接種の費用は自己負担となります。受診の際は医療機関に問い合わせを行い、接種してください。なお、医療機関がわからない時は、大学近隣の医療機関などの情報を提供しますので、A棟1階医務室にご相談ください。